デビュー年相場よりも2倍高い、デイトナ 116518LN(シャンパン・ブラック)

デイトナの“革ベルト専用モデル枠”は、1991年に登場した16518から始まったといえますが、その最新世代に当たるのが、この116518LNです。

この116518LNには、革ベルトではなく、ラバーベルトが装着されているのですが、ポジションとしては116518の後継、つまり革ベルト枠だといえます。

高級腕時計の『ラバーベルトモデル』は、90年代に普及し始めたといえますが、その頃、パテックフィリップ(アクアノート)やオーデマピゲ(ロイヤルオークオフショア)といった雲上ブランドがラバーベルトモデルを登場させていました。

そういった流れから、ロレックスもラバーベルトモデルを登場させるのかと思いきや、全くラバーベルトモデルを投入することがなく、ようやく『ラバーベルトのロレックス』がデビューしたのは、2015年になってから。その際出たのがヨットマスターの116655でした。

ちなみに、ロレックス公式では『ラバーベルト』は“ベルト”ではなく“ブレスレット”と表現されています。

そして、ヨットマスターに続いて、2017年、デイトナにもラバーベルトモデルが投入されたわけですが、『ラバーベルトのロレックス』は目立った存在であるため、デビュー時から『人気モデル』といった感覚があったといえます。

この116515LN(シャンパン/インダイヤルブラック文字盤)のデビュー年における新品実勢価格は、約296万円(安い順の3社平均値)だったのですが、当時の感覚としては、「高い」という印象だったといえます。

なぜなら、2017年当時、116528の中古水準が250万円台程度だったからです。新作のラバーベルトモデルとはいえ、金の含有量が圧倒的に多い116528よりも、116518LNの相場が高いというのは割高感があったといえます。

そのため、116518LNは、“デビュー年が高くてその後はそこまで上がらない”となっても不思議ではありませんでした。

けれども、116518LNはその後しっかり上昇。2022年の中古相場は594万円(シャンパン/インダイヤルブラック文字盤のボトム価格)という状況であるのです。

ロレックス コスモグラフ デイトナ 116518LN NG

型番 116518LN NG
機械 自動巻き
材質名 イエローゴールド・セラミック
ブレス・ストラップ ストラップ
宝石 ダイヤモンド
タイプ メンズ
カラー ホワイト
文字盤材質 シェル
外装特徴 タキメーターベゼル
ケースサイズ 40.0mm
機能 クロノグラフ
付属品 内箱外箱
ギャランティー

ブラックセラミック製タキメーターベゼル&オイスターフレックスブレスレット仕様の「コスモグラフ デイトナ 偽物」。
ホワイトマザーオブパールダイアルには8ポイントのダイヤモンドをセッティング。
オイスターフレックスブレスレットとはロレックスが開発し特許を取得したストラップで、中心部の超弾性フレキシブルメタルブレードを高性能エラストマーでコーティングしたもので堅牢性と柔軟性に優れています。
ムーブメントにはコラムホイール&垂直クラッチ式のキャリバー4130を搭載。
こちらは2015年に再定義された高精度クロノメーターで、ケーシング後の精度は-2~+2秒で調整されます。

2017年時点で、明らかに割高感があったといえる116518LNですが、その際、特別なことをせず(マラソン的なことをせず)購入できる新品を購入していたならば、それから今にかけて2倍程度もの上昇となっていたわけです。

デビュー時に注目されてその後伸びないモデルがある一方、このデイトナ116518LNは、デビュー年の新品実勢価格よりも、5年後の中古ボトム価格が2倍以上といった伸びとなっているのです。

0 thoughts on “デビュー年相場よりも2倍高い、デイトナ 116518LN(シャンパン・ブラック)”

モンクレール ダウン スーパーコピー へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です